VPSのスペック比較


対象のVPS

  • さくら VPS
  • お名前.com VPS
  • GMOクラウド VPS
  • ConoHa
  • CloudCore VPS
  • Web Arena
  • ServerMans@VPS

サービス名 初期費用 価格 メモリ ディスク容量 CPU
さくらのVPS 1G0円980円1GB100GB2コア
さくらのVPS 2G1,980円1,480円2GB200GB3コア
さくらのVPS 4G5,980円3,980円4GB400GB4コア
さくらのVPS 8G9,980円7,980円8GB800GB6コア
お名前.com 1GB無料793円1GB100GB2コア
お名前.com 2GB無料1,099円2GB200GB3コア
お名前.com 4GB5,410円3,089円4GB400GB4コア
お名前.com 8GB9,220円6,272円8GB800GB6コア
お名前.com 12GB15,886円12,639円12GB1000GB10コア
CloudCore VPS 2GB0円1,200円2GB100GB2コア
CloudCore VPS 6GB3,800円2,300円6GB300GB3コア
CloudCore VPS 8GB5,400円4,500円8GB450GB4コア
CloudCore VPS 12GB9,500円7,200円12GB800GB6コア
ServersMan@VPS Entry無料467円1GB50GB-
ServersMan@VPS Standard無料934円2GB100GB-
ServersMan@VPS Pro無料1,886円4GB200GB-
GMOクラウドVPS 1GB4,000円780円1GB50GB2コア
GMOクラウドVPS 2GB4,000円1,280円2GB100GB3コア
GMOクラウドVPS 4GB4,000円2,380円4GB200GB4コア
GMOクラウドVPS 6GB4,000円4,580円6GB400GB5コア
GMOクラウドVPS 8GB4,000円6,580円8GB600GB6コア
GMOクラウドVPS 12GB4,000円10,480円12GB800GB7コア
WebARENA 512MB無料360円512MB20GB1コア
WebARENA 1GB無料720円1GB30GB2コア
WebARENA 2GB無料1,440円2GB30GB2コア
WebARENA 4GB無料2,880円4GB100GB2コア
WebARENA 6GB無料3,600円6GB100GB6コア
WebARENA 6GB無料3,600円6GB200GB(HDD)4コア
ConoHa VPS 512MB無料630円512MB20GB1コア
ConoHa VPS 1GB無料900円1GB50GB2コア
ConoHa VPS 2GB無料1,750円2GB50GB3コア
ConoHa VPS 4GB無料3,420円4GB50GB4コア
ConoHa VPS 8GB無料6,670円8GB50GB6コア
ConoHa VPS 16GB無料13,010円16GB50GB8コア
ConoHa VPS 32GB無料25,370円32GB50GB12コア
ConoHa VPS 64GB無料49,480円64GB50GB24コア
カゴヤ VPS タイプA無料864円1GB
(保証1GB/最大2GB)
200GB3コア
カゴヤ VPS タイプB無料1,728円2GB
(保証2GB/最大4GB)
400GB6コア
カゴヤ VPS タイプC無料3,456円4GB
(保証4GB/最大8GB)
800GB12コア

低価格ならServersManの1GBプラン

ServersMan@VPSのEntryプラン(メモリ1GB)は非常にコスパが高いVPSです。 467円と圧倒的な安さなので、限定的な使い方にはおすすめです。 また月単位の契約なので、利用の停止や他社への切り替えも簡単です。

複数のVPSで利用

ConoHa VPS なら契約したVPS間で自分だけのローカルネットワークが利用できるのでWebサーバー、DBサーバー、確認用サーバーなど目的毎にサーバーを借りてより安全、快適に利用できます。料金も初期費用がなく、日割り計算なので一時的にサーバーを増やすこともできます。

本格運用にはWebARENA のVPS 6GBがおススメ

ネットワークの速度が2Gbps (ベストエフォート)で高速。複数のVPSをローカルネットワークで接続できます。 更に初期費用がない上に、3,888円と低価格なので状況に応じて台数を増やすのも簡単です。

WordPressでブログの運用

どのVPSを選択しても、簡単にWordPressがインストールできます(もしくは既にインストールされた状態のOSを選択できます)。ただしメモリが2GB以上のプランにしたほうが良いでしょう。また、さくらとConoHaのVPSではWordPressの高速化パッケージ「KUSANAGI」が利用できます。アクセス数の多いブログを運用するには、こちらがおすすめです。

GUIでサーバー管理できます

GMOクラウドのVPSではGUI操作の管理ツールPleskが利用できます(オプションで350円~)。 コマンド操作に慣れていなくてもLinuxサーバーの構築、運用が可能です。例えばメールサーバーのインストール、メールアドレスの追加、WordPressのプラグイン管理。もちろんサーバの管理ツールなのでセキュリティー対策もできます。どんな項目をどう設定すればいいのか? GUIなので直感的に設定できます。


GMOクラウド VPS

プラン初期費用月額メモリCPUディスク
1GB4,000円780円
(980円)
2コア50GB
2GB4,000円1,280円
(1,480円)
3コア100GB
4GB4,000円2,380円
(2,830円)
4コア200GB
6GB4,000円4,580円
(5,180円)
5コア400GB
8GB4,000円6,580円
(7,180円)
6コア600GB
12GB4,000円10,480円
(11,280円)
7コア800GB
サーバー専任の担当者がいない場合に、おススメのVPSサービスです。
大体のことはPleskで管理できます。
WorePressやショッピングカートなどのアプリケーションのインストール
メールアカウントの管理
セキュリティー設定
さらに、平日10:00~18:00の間は無料で電話サポートを行っています。
(メールでのサポートは休日や夜間も対応してくれます。また、有償サポートでは電話対応も24時間です)
          - 選べるOS CentOS 6/7, Debian 8.0, Ubuntu 16.04, CloudLinux 6.1/7.2
          - プラン変更 上位プランへの変更のみ可能。自動でデータ移行される。
          - ディスクの追加 約8円/1GBから使えるトストレージサービスあり。
          - 管理ツール VNC接続のコンソール、Plesk 350円~
          - サービス品質保証制度 99.99%
      

DTI ServersMan@VPS

メモリ1GB、ディスク50GBのVPSが467円で利用できます! 選べるOSはCentOS6, CentOS7, Debian7, Debian6, Ubuntu14.02, Ubuntu12.04 2GBプラン(ディスク100GB,934円)もおススメですね。

ConoHa VPS

どんなニーズにも対応できる自由度の高いVPSサービスです。 メールサーバー、KUSANAGI対応のWordPressなど無料の設定テンプレートが充実しています。 サーバーの台数、ディスクサイズも拡張できるクラウド型のVPSなので、小規模から本格的なサイトまで利用できます。

カゴヤ VPS

OpenVZを利用した準仮想化のVPSサービス。準仮想化のため低価格です。 カゴヤVPSの特徴はディスク容量が大きいこと。そして料金が日割り計算のため柔軟に運用できることです(初期費用もありません)。